2016年 ミシェル ラファルジュ ヴォルネイ クロ デュ シャトー デ デュック 750ml フランス 赤ワイン|ヴィンテージワイン通販サイト

酒蔵の番人ココカラ ログイン
会員情報の修正、退会はこちらから

カテゴリー

カテゴリー

メルマガ登録

登録 解除
  • お問い合わせ
  • ワインリスト宅配サービス
  • ヴィンテージワインQ&A
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • ユーチューブ
ブログ
2020年 06月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
休業日
2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
休業日
17時営業終了
Robert Parker Online Japanメンバー許可
 

トップ > 造り手別 > マ行 > ミシェル ラファルジュ > 2016年 ミシェル ラファルジュ ヴォルネイ クロ デュ シャトー デ デュック 750ml フランス 赤ワイン

2016年 ミシェル ラファルジュ ヴォルネイ クロ デュ シャトー デ デュック 750ml フランス 赤ワイン

Michel Lafarge Volnay 1er Cru Clos du Ch.des Ducs(Monopole)
赤ワイン 750ml
[AOC]ヴォルネイ 1級畑(単独所有畑)

[評 価]95-97点
The 2016 Volnay 1er Cru Clos du Château des Ducs was destemmed by hand this year, with five people taking five hours to complete the entire vineyard. Apparently Frederic’s great-grandfather did the same in the late 1920s before there were destemming machines. It has an ethereal, brilliantly defined bouquet with disarming pure red berry fruit that, for want of a better expression, are just pure pinoté. The palate is defined by exceptionally fine tannins, real tension, slightly chalky toward the second half with laser-like precision. This will be one of the wines of the vintage-it is that good.
234, The Wine Advocate(30th Dec 2017)

[輸入元コメント]
ラファルジュのモノポール(単独所有)の畑。砂利の多い土壌をもち、三方を家屋に囲まれているため暖かなミクロクリマとなっている。ブドウは完熟し、果実味が高く、キメ細かなタンニンはよく溶け込んでいる。ラズベリーやダークチェリーのリッチなアロマ。エレガントなのど越し。
商品コード : 40300026
製造元 : Michel Lafarge
価格 : 16,060円(税込)
750ml
ポイント : 160
数量
 

フランス

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

数年の熟成で本領を発揮するヴォルネイの古典的な造り手

もとは19世紀の初めからヴォルネイに続くジヨット家のドメーヌであり、娘のマリーがマコネ出身のアンリ・ラファルジュと結婚。ドメーヌ・ラファルジュとなった。
一部ながらも元詰めを始めたのが1934年と、ブルゴーニュでは最も早いドメーヌのひとつで、60年には全量を元詰めしている。

現当主のミシェルが父の後を継いだのは1949年。1978年には息子のフレデリックが加わり、現在は高齢のミシェルに代わってフレデリックがブドウ栽培、ワイン醸造の一切を取り仕切る。
しかしながら80歳を超えてもミシェルは依然として意気軒高で、ドメーヌの顔として奮闘しているのが頼もしい。

ドメーヌの規模は総計12ha。お膝元のヴォルネイに1級畑のクロ・デュ・シャトー・デ・デュック、クロ・デ・シェーヌ、カイユレ、ミタンを所有。
0.57haのクロ・デュ・シャトー・デ・デュックはこのドメーヌの単独所有だが、フラッグシップはむしろクロ・デ・シェーヌである。

ブドウ栽培においてはフレデリックのイニシアチブのもと、1997年から一部の畑で実験的にビオディナミを始め、2000年には完全ビオディナミに転換した。
一方のワイン醸造は古典的。赤は完全除梗ながら、低温マセレーションを意識的に行うことはせず、14〜18時間の発酵。初期はルモンタージュを行い、後に日に1回のピジャージュに切り替える。新樽の比率は極めて低く、トップキュヴェでさえ15%程度にすぎない。

ヴォルネイというと若いうちから軽やかで飲みやすいイメージだが、ラファルジュのワインは骨組みがしっかりしており、若いうちは内気なことが多い。しかしながら数年の熟成によってヴォルネイらしいフローラルな香りを発散し、ビロードのような舌触りで飲み手を楽しませてくる。

古典的ヴォルネイの造り手として一押しのドメーヌが、このミシェル・ラファルジュなのだ。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ