2014年 ミシェル ゴヌー ボーヌ 750ml フランス ブルゴーニュ 赤ワイン|ヴィンテージワイン通販サイト

酒蔵の番人ココカラ ログイン
会員情報の修正、退会はこちらから

カテゴリー

カテゴリー

メルマガ登録

登録 解除
  • お問い合わせ
  • ワインリスト宅配サービス
  • ヴィンテージワインQ&A
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • ユーチューブ
ブログ
2020年 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
休業日
17時営業終了
2020年 04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
Robert Parker Online Japanメンバー許可
 

トップ > 造り手別 > マ行 > ミシェル ゴヌー > 2014年 ミシェル ゴヌー ボーヌ 750ml フランス ブルゴーニュ 赤ワイン

2014年 ミシェル ゴヌー ボーヌ 750ml フランス ブルゴーニュ 赤ワイン

Domaine Michel Gaunoux Beaune
赤ワイン 750ml
[AOC]ボーヌ

[評 価]89+点
The 2014 Beaune Village will demand several years' patience, but it's a very promising young wine, unfurling to reveal aromas of wild berries, dried flowers and sweet loamy soil. On the palate, it's medium-bodied, deep and concentrated, with a firm chassis of fine-grained structuring tannins, juicy acids and a youthfully chewy finish. Like many 2014 Cote de Beaune reds, it's rather firm and compact, but it has the substance to come around nicely with bottle age. Note that Gaunoux's Beaune cuvee is a blend of premiers crus Boucherottes and Epenottes with the lieux-dits Prevolles and Beaux Fougets, so the raw materials are serious.
239, The Wine Advocate(1st Nov 2018)

[輸入元のコメント]
ボーヌのさまざまな村名クリマが組み合わされたワイン。ゴヌーのワインの中では最も柔らかみがあり、軽やかな仕上がり。とはいえ、キメ細かなタンニンがワインのストラクチャーを形成する、昔ながらのブルゴーニュ。今のブルゴーニュはどれも新世界ワインのようとお嘆きの方こそお試しを。
 
商品コード : 40152286
製造元 : Michel Gaunoux
価格 : 5,390円(税込)
750ml
ポイント : 53
数量
 

フランス

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

バックヴィンテージも揃えるポマールの古典派

モノポールのクリマを所有するふたつのドメーヌを除くと、ポマールを拠点にそのアペラシオンに集中して取り組む造り手はなかなか見当たらない。そんなポマールにあって5つの1級畑を所有し、ブルゴーニュ・ルージュさえポマールの村内に畑をもつ、まさにポマールに特化したドメーヌがミシェル・ゴヌーである。

現在、ドメーヌの舵取りをしているのはマダム・ジャクリーヌ・ゴヌー。ミスター・ビーンのローワン・アトキンソンによく似た、息子のアレクサンドルがワイン造りに従事する。

ワイン造りはいまだに古典的。ブドウは完全除梗のうえ、木桶で発酵。長いキュヴェゾンのあと、30〜50%の新樽を用いて18〜24ヶ月の樽熟成を施す。

ポマールというテロワールのせいもあるが、このドメーヌのワインは、若いうちだとタンニンがゴツゴツと感じられることが多い。 今どきにしては珍しい、典型的な長期熟成タイプ。少なくとも5年は寝かせて、ようやく花を咲かせるタイプである。

しかしながら、心配はいらない。このドメーヌのカーヴには数々のオールドヴィンテージが大切にストックされており、販売リストにもバックヴィンテージの用意がある。セラーのキャパシティに余裕のある人は、若いヴィンテージを手に入れて我が子のように育て上げればよいし、そうでない人は今が飲み頃のバックヴィンテージを入手すればよい。

いずれにせよ飲み頃を迎えたゴヌーのワインは素晴らしく、ダージリンティーや高級なめし革、ハバナシガー、黒トリュフ、そしてポマール・リュジアンには顕著に、ジビエのフレーバーが匂い立つ。
その頃になるとタンニンも丸みを帯び、しなやかな飲み口へと変化しているはずだ。

最近のブルゴーニュはまるで新世界のピノのようだとお嘆きの諸兄には、お誂え向きの造り手といってよいだろう。
 

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ