2016年 フランソワ ラマルシュ ヴォーヌ ロマネ レ ショーム 750ml フランス ブルゴーニュ 赤ワイン|ヴィンテージワイン通販サイト

酒蔵の番人ココカラ ログイン
会員情報の修正、退会はこちらから

カテゴリー

カテゴリー

メルマガ登録

登録 解除
  • お問い合わせ
  • ワインリスト宅配サービス
  • ヴィンテージワインQ&A
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • グーグルプラス
  • ユーチューブ
ブログ
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
休業日
17時営業終了
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
休業日
Robert Parker Online Japanメンバー許可
 

トップ > 造り手別 > ハ行 > フランソワ ラマルシュ > 2016年 フランソワ ラマルシュ ヴォーヌ ロマネ レ ショーム 750ml フランス ブルゴーニュ 赤ワイン

2016年 フランソワ ラマルシュ ヴォーヌ ロマネ レ ショーム 750ml フランス ブルゴーニュ 赤ワイン

Domaine François Lamarche Vosne Romanée 1er Cru Les Chaumes
赤ワイン 750ml
[AOC]ヴォーヌ ロマネ 1級畑

[評 価]90-92点
The 2016 Vosne-Romanee 1er Cru Les Chaumes captures the florality of the appellation with bunches of rose petals, a hint of peony that complements the red berry fruit (Morello and raspberry preserve). The palate is medium-bodied with fine, slightly crunchy tannin. I love the purity here, the energy contained within, precise and focused with a little more spiciness on the finish compared to the village cru. As it aerates I noticed darker fruit emerging plus a slight chalkiness to the tannin. Excellent—this may actually surpass the 2015 Chaumes.
234, The Wine Advocate(30th Dec 2017)  

[コメント]
ラ・ターシュの南東、マルコンソールの下に位置する1級畑。やや粘土が強くなり、リッチなボディのワインとなる。香りも赤い果実より黒い果実が強く感じられ、スパイシーな余韻を残す。ジビエともなんら問題なく合うワイン。  
 
商品コード : 40174164
製造元 : Francois Lamarche
価格 : 19,800円(税込)
750ml
ポイント : 198
数量
 

フランス

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

世代交代が良い方向へと導く
ラ・グランド・リューのドメーヌ

ヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌであるフランソワ・ラマルシュは、今、新たな時代を迎えようとしている。
醸造にフランソワの娘ニコルがつき、販売に姪のナタリーが加わったため、大きく若返りを果たしたのだ。

このドメーヌは20世紀の初頭、樽職人のアンリ・ラマルシュがシャンボール・ミュジニー出身のマリー・グリヴレと結婚して創設。
その息子もアンリといい、ドメーヌを継承して1933年に結婚した。
この時にラ・グランド・リューがドメーヌにもたらされる。

現在のドメーヌ名に冠されているフランソワが、父アンリの後を継いだのは1985年。
ラ・ターシュとロマネ・コンティに挟まれながら、AOC法制定時には1級畑だったラ・グランド・リュー。このクリマを特級畑に昇格させようとINAOに働きかけ、1989年に大願成就。1992年から正式に特級畑への昇格が決定した。

長女のニコルは2003年にドメーヌ入り。父の手を借りず初めてひとりでワインを造ったのは2006年である。
彼女はまず、ブドウ畑の改革を進め、ビオロジック農法を実践。2010年には11.23haの畑すべてがビオロジックで栽培されるようになった。
以前は機械収穫もしていたが、現在は100%手摘みであり、畑と醸造所の2回にわたって選果をしている。

造りを見ると、除梗はヴィンテージに応じて決め、除梗の場合でも無破砕。以前よりも低温マセレーションの期間を長くし、発酵中の醸しはピジャージュよりも優しいルモンタージュが主だという。
16〜20ヶ月の樽熟成において、新樽率は村名40%、1級60%、特級80〜85%である。 2006年以降のラマルシュのワインで変わった点といえば、フランス人が好んで使うプレシジオン=正確さ、精緻さであろう。
以前からよいワインではあったがどこか粗削りな部分が感じられもした。ここ数年のヴィンテージにそうした欠点はない。
ニコルのとった変革に、惜しみない拍手を贈りたい。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ